まちだの社会福祉施設でバードマンマジック町田にある福祉施設のクリスマス会でバードマンが出演させて頂きました。

こちらでは就労継続支援、生活介護支援を必要とされている方が入所されている施設との事です。今回クリスマスのイベントとの事で入居者約80名の方が集まり、60分ほどマジックショーをやってほしいとのご依頼で伺わせて頂きました。

通常30分のショーですが、イリュージョンマジックも入れて60分ネタに変更させて頂きましたが見るほうが大変ですので途中10分の休憩をはさんで30分と20分の2部制でやらせて頂きました。

マジック内容ですが、バードマンは動物マジックを得意としていますので1部では最初動物出現マジック(鳩、オウム、蛇)、ロープマジック、トランプマジック、1部の最後のネタはテーブルが浮くマジック(フローティングテーブル)でした。
バードマンのオウムの出現マジックはスケッチブックにオウムの絵を書きます。そのスケッチブックを横にするとスケッチブックの中からひょこっと本物のオウムが出演する演出なんです。国内でもこのマジックをあまりやっている方が少ないですね。

2部の内容は連続でイリュージョンマジック(人体交換、人体貫通、人体浮遊)でした。

施設スタッフの皆様も入所者様も大歓声で喜んでいただけました。

終了後はオウム、蛇と記念撮影したり触れ合ったりとミニ動物園状態となっておりました。バードマンがマジックで使っている蛇は錦蛇(ニシキヘビ)で無毒で大変おとなしくてかわいいです。蛇ダメな方はそのように感じないと思いますが・・・。

マジシャンバードマンはアニマルマジックマスターとして動物を出現させるマジシャンとして有名なマジシャンでテレビ、CM等で様々なアニマルマジックの撮影、タレントへのマジック演技指導を多く行っております。詳しいプロフィールはこちら